2011年11月25日

国債が札割れするとは

昨日のニュースで
ドイツの国債が札割れした


ということを知りました。


ドイツといえば


ユーロの中で経済力ナンバー1の国です。


国債の札割れは
売り出した国債が予定額に届かなかったこと


つまり売れ残ったということです。


これもユーロ全体が傷んでる影響でしょう


いくらドイツがユーロ1の国であっても
このままユーロってあぶないんじゃないかな?


と考えている人が多ければ
ドイツもユーロの中の国だからちょっと今回は・・・


となってもおかしくはありません。
(きっともっと複雑な理由はあると思いますが・・・)


で、


気になるのは日本はどうなのか?


ということですよね。


『日本は○○だから大丈夫』

という言葉はよく見かけますが
今考えられている理由の中では


きっと大丈夫なのでしょう。


でも、気をつけたいのは


時々やってくる
想定外ってやつですね


こういうのは起こったあとで


「想定外でした~」


って言われても遅いので


自分は自分でアンテナを立てて
何かが起こった時は


先に対処できるようにしておきたいですね。


具体的な話はまた時間がある時に♪


ちなみに国債の金利は
住宅ローンの金利と密接に関連していますので


住宅ローンを組んでる人は用心しましょう♪


☆お知らせ

12月17日は住宅ローン勉強会を開催します。
テーマは「住宅ローン借り換え大作戦」

住宅ローンを節約するツボ知りたくないですか?

詳細は→ リーマンインテリジェンス




ラベル:国債 札割れ
posted by SON at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。