2011年10月15日

老後資金を投資で用意するには

昨日は投資の勉強会に参加してきました。

フィデリティ退職・投資教育研究所所長。
退職金は何もしないと消えていく──60歳から「経済的自由」を手にする投資勉強法 (講談社プラスアルファ新書)
なぜ女性は老後資金を準備できないか (講談社プラスアルファ新書)
老後難民 50代夫婦の生き残り術 (講談社プラスアルファ新書)
の著者


野尻哲史さんを囲んでの勉強会に参加してきました。


短い時間でしたが非情に濃い内容のお話をされていて


「なるほど~」


って思ってしまったわけです。


特に明快な内容ですごいなと思ったことが


老後資金に対する投資戦略


よく、コツコツと毎月積み立て投資して買い付けしても


「いつ売ったらいいんですか?」


という疑問を感じる人がいます。


相場や景気のニュースをチェックしてる人なら
それなりの判断もできると思いますが


基本的には自動的に積み立てた資金ですから
相場や景気なんて気にしてないと思います。


「じゃあどうすればいいの?」


という疑問に対してわかりやすい説明をしていただきました。



簡単に書くと

1、勤労している期間は
コツコツ積み立てを継続!!


2、退職してからは
資産運用を継続しながら徐々に切り崩す
(毎月分配を利用するのも良い)


3、年金生活になってからは
運用を止めて資金を切り崩す。


という3つのステップで考えられていました。


それが老後資金をサポートする考え方なんですね。


あとはどうやって運用するの?
何に投資するの?


ってところですが
それは人それぞれの投資力に依存しますからね~


こういう話もされてましたよ。


よく「余裕資金で投資しましょう!!」
という言葉をききますが


「余裕資金がない人の方が投資力が必要ですよね」


って・・・


余裕資金のない人が投資に失敗することの
リスク、責任を販売側の業者も追いきれませんから


どうしても
投資は余裕資金で・・・


っていう言葉が出来上がってしまいましたが


時間をかけて投資力を磨くことが
自分の老後を助けるのであれば


がんばるしかないですね~


さて、本日は私の運営してる勉強会で
不動産投資勉強会を開催します。


連日で投資話ですね♪




ラベル:投資 老後資金
posted by SON at 10:40| Comment(8) | TrackBack(0) | セミナー | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。