2009年10月11日

知らせると伝えるの違い

今日は久しぶりに茨木創業塾に行ってきました。


フォローアップセミナーということで
プレスリリースについて勉強させていただきました。


プレスリリースって遠い存在だとばかり考えていましたが本当は身近なものなんだということを知って
「絶対実践してやる」と心に誓っております。


そう思わせていただけた福満先生に本当、感謝です。
今日聞いた話は本当にいい内容だったので、多くの人に知ってもらいたいなと思いました。
また新たな企画を考えていきますね。


実はプレスリリースとは別に
「知らせると伝えるの違いは」
という話がありました。


これまたかなり深い話になってくるわけです。
細かいところは全部すっ飛ばして
一言でいうと


「伝える」は情報を受け取った人が行動を起こすということ
「知らせる」は情報を受け取ったとしても行動が伴うことは関係ないということ


SONが書いたブログを読んでくれた人が実際に行動を起こした時
それは記事の内容が伝わったということになるのかなと思います。


人に何かを伝えるというのは普通にお知らせするのとは違うということは知っておいて損はないです。


実は、この伝えるということを体系的に書かれている本をSONは読んでたんですよ。


「あー!!あの本に書いてあることと同じことを意味してるんだ」
って思いました。


本を読んでても実際に使えていないと意味がありませんが
人に伝わることをやりたいならしっかりと身につけたいなと改めて思いました。


そういうことなんで何回でも読み直してみようと思います。
→ 価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ

長いタイトルですけどね。
なかなか良い内容だとSONは思いましたよ。


これから自分が人に伝わる
文章を書きたい時
商品を販売したい時
ビジネスを始めたい時

何かをやりたいと考えた時に参考になると思います。


posted by SON at 02:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 読んだ本の話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。