2009年09月15日

リストラの足音

さて、久しぶりにこの話題にふれてしまうことになりました。


今月になって技術の同僚が1人、営業へ
そして今週また同僚が工場勤務になることが決まりました。


そろそろSONにも声がかかりそうなところまで来ましたね。
次あたり順番がまわって来そうな感じです。


昨日は営業さんとたまたま電車で一緒になったので仕事の話をしてたのですが、この不況になってから起こっているのが


業界の価格破壊だそうです。
不況前の半額でも相見積もりで負けるってぼやいてました。


聞けば聞くほどこの業界に未来が見えなくなります。


SONは今までのように仕事に情熱がもてなくなっています。
それは仕事をがんばっても給料が増える見込みがないこと


これが大きいのは事実ですが


会社に駒のように使われ
給料についても簡単に変更されている状態に
全く安心感を得る事ができません。


本当にサラリーマンは安定した職業なのでしょうか?


今は別のことに目を向けて次のステップに進む準備をしています。
こっちの方に情熱のほとんどを傾けてますからね。


会社ではこっそり
会社を出てからはオープンにがんばっています。


状況に背中を押されているところもありますが
これもSONに訪れるべくして訪れたタイミングだと感じています。


全ては偶然ではなく必然の出来事として受け止めて
タイミングに乗り遅れないように
やるべき事をやっていこう


そう思います。


ラベル:リストラ
posted by SON at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。