2009年08月22日

毎日こどもピアノコンクール本選会へ

今日は会社を休んで子どもと一緒に
毎日こどもピアノコンクール本選会の会場に行ってきました。
http://www.daiichi-gakki.co.jp/dops/concours/index.htm

この本選会というのはややこしいネーミングなのですが
簡単にいうと2次予選でこれを突破すると本番のコンクールに出場する権利が得られるんです。


地域が限定されていますので
それほど大きな大会ではありませんが2次予選になると出場している子どもたちのレベルもぐっと上がってきます。


娘は5年生の部で出場です。


審査が始まると
会場はコンクール独特のピーンと張りつめた空気が漂います。


客席から見ているほうもほとんど音をたてません。


このコンクールはビデオ撮影が可だったので撮影準備をしていました。
但し物音を立てるとおこられます。


娘の順番になって番号が呼ばれている間に
ビデオカメラのスイッチを入れました。


ピッー ビデオカメラに電源が入った音が会場に響きます。
演奏中にビデオ操作を行わないでいいように細心の注意を払って撮影しました。


娘は練習よりも本番の方がいい出来だったように聞こえました。
(親バカかな)

本人は「失敗したっ」
先生は「何でそこで間違えるの」
嫁さんは「・・・」
SONは「いつもよりいいな」


そんな感想でした。
これで落選するなら完全な実力不足を認めるしかないでしょう。


張り詰めた空気の中、小学生の子どもが審査員や大勢の観客の前で1人で演奏するのです。


普段どおりの実力が出せるだけで上出来。
緊張感から実力が出し切れない子もたくさんいるんですから


緊張でボロボロになっている子をみるとかわいそうです。
こんな8月の月末近くに開催されると当然夏休み返上で特訓になりますからね。


我が家でも娘の夏休みは7月で終了。
1次予選は前回に2次予選を通過したことで免除されていましたので
8月からピアノの特訓でした。


今年はなかなかやる気が起こらなかったようで
嫁さんも先生も直前までピリピリムード


SONの血を引いてますね。
ピリピリムードの中、わが道をゆくと言わんばかりにのんびりやってました。


演奏が終わったら・・・


緊張が徐々にほぐれて娘の口数も増えてきます。
ちょっと遅めのお昼を食べて家に帰りました。


そこで疲れ果てSONはお昼寝タイム
結果発表は夕方です。


うとうと・・・

→節約術の続き


posted by SON at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。