2009年03月16日

本物のFP講師とは

こんばんは


今日はプロのFPの方から実際のFPとしてどうやって報酬を得るのかという話を聞いてきました。

セミナータイトルは
「3時間でわかる!FP資格で収入を得るための実務講座」


今日のセミナー講師を担当されたのは
千葉史郎先生と青木久美先生

千葉先生は12年間コミッション収入を得ることなく、FP資格のみで生計を立ててこられたベテランです。

青木先生はまだ独立して間もないと自分ではまだまだなんて話しておられましたが年間100本以上のセミナー講師をこなされる実力者です。


お二人ともとても話が分かりやすい、聞いてて飽きがこない、FPとして実際の経験からくるリアルな話


(これがプロのFP講師なのか・・・)
と改めてプロのFPとはどういうものなのかということを話の内容+実際に話されている講師の実力から感じることができました。


千葉先生は
「FPは知識や資格なんてどうでもいい、実際に講師として通用するかどうか現場での実力が大事」ということを話されていました。


青木先生は
「最初はひどかったけど、がんばっていれば私くらいには誰でもなれるんですよ」
と話されていました。


知識ばかりあっても人前でアウトプットする力がなければ何も伝えることはできません。
ちゃんと伝えるにはセミナーを聞きに来ている人が眠くなるようではダメなんですね。


なるほどと思うことばかりでした。
FPでどうやって稼ぐことができるのか?
今日はその疑問が一つすっきりしましたね。


FPとしてのビジネスモデルはまだ決まった形がないなんていわれていますが、ここにはビジネスモデルがしっかりとあって誰でもチャレンジできる体制が整っているのも魅力的でした。


「ここに入ったらセミナー講師としての実力がつくだろうな」って思いましたよ。
もちろん覚悟を決めて臨む必要はありますけどね。


SON以外の参加者はこのプロのFPを育てるしくみに関心をもたれた人が多かったようです。


SONは今のところ自分のやりたいようにやってみたいので当面は見送るつもりですけどね。


ただ、素人FPがプロのFPに育つためのカリキュラムというかシステムがしっかりしているなと思いましたので常に選択肢として考えておくつもりにしています。


最後に講師の方と名刺交換させていただいたのですがSONは前日に作成した名刺をお渡ししました。


10年後、こうありたいという思いを少し盛り込んで作成しましたので、正直ちょっと恥ずかしかったです。


現状のまま普通に作成してもよかったのですが、何か物足りない。
現状の自分に満足しているわけではありませんからね。


(受け取った人がどう思うか?
そんなことはまあどうでもいいかな
たとえバカにされたとしてもいいじゃないか)


「こうありたい」そういう思いを少し込めて名刺を作成して人に渡すことでなんとなくですが自分が前に進めるような気がしたんですよね。


気分だけじゃなくてちゃんと前に進めるようにやらないといけないことはやらねばなりません。


色々と思い浮かんだことを整理して一つずつ取り組んで行きますよ。


それと実は今日のセミナーで偶然の出会いというものがありました。
ブログやっててよかったな・・・


ちょっと長くなってきたので、この話はまた次回ですね。


ラベル:FP
posted by SON at 00:18| Comment(6) | TrackBack(0) | セミナー | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。