2009年02月28日

キャッシュバックキャンペーンを狙い撃て1

こんにちは


最近の金融危機の影響で株や為替が暴落してしまいました。
投資なんて信用できないって思ってる人も多いと思います。


「やっぱり銀行で定期預金でもするのが1番良いんじゃないかな」
なんて思っていませんか?


確かに銀行の定期預金なら見た目上金額が減るということはありませんからね。


でもね、
ここで少し冷静になって考えて欲しいのですが


SONの給料が毎月振り込まれている銀行(名前が長いメガバンク)の定期預金の金利ってどれくらいか知ってますか?


現時点では・・・スーパー定期1年で0.25%です。
100万円を1年間預けて受け取れる利息は2500円・・・ではありませんよ。
ここから税金が20%引かれますから-500円です。
だから振り込まれる利息は2000円です。


1年間資金が固定されて受け取れるのが2000円ではちょっと寂しいですよね。


銀行預金の場合は金額にかかわらず強制的に税金が20%取られるのも厳しいところです。


じゃあ、100万円を使うならどんな方法でどこに使うのか?
何度も利用できる方法ではありませんけどSONはこれをよく利用しています。


それはキャッシュバックキャンペーンを利用する方法です。
このキャッシュバックキャンペーンをしっかりと受け取るには
・少しの勉強
・少しの手間
・少しの勇気

この3つが必要です。


ここまで引っ張ってきましたがここらでどんな方法かをお知らせします。


それはFX業者が行っているキャッシュバックキャンペーンを利用する方法なんです。
SONは毎日平日はFXトレードをやっていますからこれを利用しないのはもったいないとさえ思いますね。


「なあんだFXか?あんな危なげな金融商品に手が出せるか!!」
という思いを持っている人も多いと思いますが


キャッシュバックキャンペーン中のFX業者

この10社のキャッシュバックキャンペーンをうまく利用すればいくらのお金がもらえると思いますか?


初期資金にもよりますが5万円以上のキャッシュバックを受けることが可能なんです。
それにキャンペーンをやってるFX業者はもっとたくさんありますしね。


もちろんFXという商品を選択している以上はそれなりの損失を被る可能性があります。

だから
・FXという投資商品にチャレンジする少しの勇気。
・口座開設の手続きを行う少しの手間。
・できるだけ安全にキャンペーン対象者になるために少しの勉強。

この3つが必要になってくるんですね。
しっかりと準備(特に勉強)をすることで損失リスクを最小限におさえてキャッシュバックを受け取ることができるようになるんです。


こういった手間が面倒でできないなという人は銀行預金を選択するべきだと思います。
準備なしでチャレンジすると必ずどこかで失敗するでしょうし、最大限メリットを享受できなくなりますからね。


では、次回はこのキャッシュバックキャンペーンを利用する時にどんなことに注意すればより安全にキャッシュバックを受けることができるのかについて書いていこうと思います。


興味を持った人は必ず次の記事も読んでからチャレンジしてみてください。
すでにFX経験者の方ならば大丈夫でしょうかね。




posted by SON at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏技的な資金増加方法 | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ネット銀行はお金のプラットホーム

こんばんは


今日の記事はカテゴリは資金増加方法なのですが・・・
資金増加の話まで到達してません。
SONにとっては大事なポイントなんですけどね。
何事も準備が大事でしょ。


インターネットでお金を増やすといえば何が思い浮かびますか?
ポイントサイトやアンケート、アフィリエイトもありますし、オークションもありますね。


それにFXや株の売買も昔と違ってほとんどがインターネットでの取引になっています。


インターネットの世界がどんどん大きくなってSONのようなサラリーマンでも給料以外でお金を増やすことが可能な時代になりました。


お金を増やすといっても先に上げたようにいろんな方法があるわけですが、どんな方法を使うにしても必ず必要なものがあります。


それはお金を受け取ったり、振り込んだりできる場所
つまり銀行です。
特にインターネットでの資金管理に優れているのがネット銀行なんですよ。


ネット銀行のいいところは色々あるんですがSONが一番気に入っているのは普通の銀行と違ってお金の移動にあまり手数料がかからないところなんです。


普通預金や定期預金の金利も少し優遇されていますけどね。


基本的にSONは手数料ばっかり徴収する銀行が好きではないのですが
まだネット銀行なら我慢できるレベルです。


普通の銀行ならお金を動かすとしっかりとした手数料を持っていきますからね。


インターネットではお金を動かすことで資金が増えるということがあったりしますのでお金の移動に手数料がかかると資金の増加分が減ってしまいます。銀行さんを儲けさせてないで自分が儲かるようにしないとね。
だからSONはネット銀行を利用しているんです。


これからインターネットでお金を増やしたいと考えている人はネット銀行は必須項目ですよ。


ちょっと長くなってきたので続きはまた後日。
今日はネット銀行の話でした。
手数料分を節約するのは大事なことですよ。



ちなみにSONの利用しているネット銀行はイーバンク銀行
です。


ではまた!!
ラベル:ネット銀行
posted by SON at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏技的な資金増加方法 | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

使わないのに減っていく

こんばんは


土曜、日曜と別のサイトの記事を増やそうと思っていたのに、二日かけて少ししか書けていません。


もっと書けると思ってたんですけどねー。
使わない能力ってあっとゆう間に衰えていくみたいです。


タイトルの減っていくものって能力のことなんですよ。


誰にでもこれくらいは軽いだろうと思ったことが久しぶりにやってみると結構きつかったことってあると思うんですが・・・


どうでしょうか?
20代の頃はあんまりなかったかなー


新たにブログ作成とか最近はあまりやっていなかったので久しぶりにやるのは結構疲れるものです。記事は継続して書いてますけどね。


ネットを使っていろんなことにチャレンジしようと考えている以上はブログ作成能力を衰えさせるのはよくありませんからね。
継続してレベルを維持する努力をしていこうと思います。


チャレンジといえば数年前にメルマガにチャレンジしたこともあったんですけど
「むいてないなー」って思って止めたんですよね。


前はすぐに書きたくなくなった。
書くことがなくなった。
有益な情報ってそんなに多く持ってるわけじゃないんですよね。


じゃあどうすれば継続できるのか?
もし、またメルマガをスタートしてみようと思ったときはそのあたり
を考えて継続することを重視してみよう・・・


こんなこと書いてるけど、当分はメルマガする気はないですけどね。
ある程度、道筋が見えるとスタートするかもです。


ということで、ネットをしっかりと有効活用できるように日々努力していこうと思います。


それと話は変わりますがカテゴリーに「裏技的な資金増加方法」という項目を作成してみました。


今のところカテゴリーだけ作って中身なしです。


正直なところたいした内容を書くつもりはありませんが、知らない人にとっては目から鱗なこともあるかもしれないなーと思いまして
SONの知ってるちょっとお得なことを書いていこうかなと思います。


ではまた!!
ラベル:能力 裏技
posted by SON at 02:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

起業に関するセミナーに初参加

こんばんは


今週の水曜日に19:00から21:00までのセミナーがありましたので参加してきました。


この記事、昨日更新しようと思ってたんですけど
眠くってダメでした。コタツでウトウトする癖があるもんで・・・


で、参加したセミナーは大阪産業創造館で無料開催された
「コレだけは押さえておきたい起業準備のポイント」
です。


起業関係のセミナーは初参加でしたのでガラガラな雰囲気なのかなと心配しながら会場に行ってみれば、SONが到着してからもどんどん人がやってきて座席が足りなくなってしまっていました。


立ち見ってやつですね。
起業を考えている人って多いんだなと感心しました。


セミナーは2部構成で
1部は中小企業診断士の講師の方が起業するまでに準備しておくべきポイントについて
2部は昨年起業された先輩起業家の経験談です。


1部では自分のアイデアをビジネスとしてどうやって形にしていくのかということをザーッとした流れで話されていましたが短い時間の中にも注意すべきポイントが盛り込まれていて勉強になったなと思います。


アイデアを形にする手法というのがあるんですね。
SONの経験やアイデアをビジネスという形にするにはどうすればいいのか?


そう自分に問いかけながら聞いていました。


2部では先輩起業家の方が起業家のサポート施設である「立志庵」に入居し、アイデアをビジネスの形に仕上げていくまでどんなことを考えて実行していったのか、またプロのコンサルタントからどんなアドバイスを受けビジネスプランをより実現性の高いものへ仕上げて言ったかについて話されていました。


落ち着いた雰囲気で話されていましたが言葉の端々から情熱というか熱い思いが吹き出していましたね。


すごいエネルギーを持っている人だなと感心していたら・・・
プロフィールをみたら同い年でした。


「お前もがんばれよ」って言われてる気分になりましたよ。


SONにとって起業とは、まずは自分なりのビジネスを見つけてからうまくいきそうならすればいいという考え方をしていましたが、今回のセミナーでちょっと考え方が変わりました。


起業に向かってアイデアを現実的に通用するビジネスに仕上げていくという過程に自分なりのビジネスがあるのかなという考えがでてきました。


今までこんなセミナーがあるなんて知りませんでしたけど会社帰りにいい勉強ができるものですね。
ありがたいことです。


セミナーが終わると21:00
そこから、たまたま一緒に参加することになった友人とコーヒータイムでしばしセミナーの話や今考えていることの話などなど、などなど・・・・・・


1時間超で22:00をまわってしまいました。
男2人でカフェで1時間粘るのもなんなんですが止めないと話が終わりません。


またどこかで長い話をすることになるんじゃないかな  とはね。

ラベル:起業 セミナー
posted by SON at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | セミナー | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

日経平均ドルコスト買い2月分投下

こんばんは


今日は日経平均が今年最安値をつけたみたいですね。
まだまだ底は深そうな感じがしますが、そんなことは気にせずにコツコツと積み上げていくのがドルコスト平均法です。


どうせ買うなら安い時です。
2月購入分を今日約定しました。
まあ、まだ下がるでしょうけどね。


実は日経225インデックスファンドをドルコスト買いを始めて1年ほど経っています。
ドローダウン具合をみるとスタートが早すぎたなとしか言えませんがレバレッジのかかってるFXなどと違って破産を気にしなくていい分、気楽にやっています。


3年後くらいにはいい感じになってるかななんて思ってるんですけどね。


逆に秋から始めた中国株インデックスはなかなか好調です。
この不況から最初に抜け出すのは中国ではないかなと考えてるんですけどね。
こっちは2年くらいでいい感じになって欲しいですね。
もしかしたらもう一段下がるかもしれませんけど下がっても気楽に行けそうです。


やっぱりタイミングって大事ですよ。


今年はまだまだ何が起こるかわかりませんから一気に勝負に出るのは怖いです。
だから長期運用はコツコツと攻める。


それとは別に、ここ一番というときに勝負できる資金は確保しておこうと思います。


ここ一番は来るのか?
もしかしたら来ないかも・・・
来て欲しいな・・・


などと考えていると資金を投下したくなる気持ちがむくむくでてきますからね。
そういう気持ちを抑える意味でもドルコスト買いはいい感じです。


あいかわらず景気の悪いはなしばっかりではありますがもうそろそろ攻める準備だけはしておきたい。
準備はしておかないと気が付いた時にはチャンスが過ぎ去ってるかもしれませんからね。


ではまた!!

posted by SON at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント

こんばんは


今日は読んだ本の話です。
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」

実は今回上記2冊をまとめてオークションで購入したので連続で読んでみました。


内容としては7割くらい同じ内容ではありますが「大人の投資入門」の方が一歩踏み込んだ内容になっていたかなという印象です。


ということでまとめて感想です。


貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメントというタイトルでよく売れた本のようですが基本的にデイトレードのような短期トレードを完全否定しています。

短期トレードで継続的に勝ち続けるのは難しいということから誰でもしっかりとした資産を築いていく方法として超長期の投資をどのように行うべきかについて書かれています。


一般の人が年金をあてにして暮らすことができた時代は現在年金を受給している世代まで

今後は年金だけに頼っていては普通に生活できない時代がやってくるということを前提に足りない資金を年金とは別に築いていきましょうということです。


方法としては
・ドルコスト平均法による期間の分散
・アセットアロケーションによる資産の分散
・個別銘柄ではなくインデックスファンドやETFを利用した市場全体に投資する

について書かれています。
ファイナンシャルプランナーの投資に関する勉強にも出てきた内容と同じです。

基本的に長期の運用プランを考えるFPの教科書と同じ内容が出てくるのもうなずける話です。


そして日本を含めて大きな年金資産の運用を行っている機関のアセットアロケーションを紹介しそれにあわせた資産を持つことがよいのではないかということでした。

「貧乏人の~」ではここまでで「大人の投資入門」では国内株式と外国株式での運用と外国債券をプラスした運用を推奨しています。

最初から一歩踏み込んだ内容を書いてくれていればよかったと思いましたが個々で資産形成が必要なバランスが違っているだろうからということで紹介しなかったようですが同じ内容の本を2回読むのは正直疲れますね。

推奨する理由としては日本の年金の大部分が国債で運用されていることから自分で作る資産では国債をはずして全体としてのバランスを重視するということでした。

不動産は住宅ローンを抱えている人は不動産に大きくバランスを傾けている可能性がありますので自分年金から不動産ははずして構築するのがよいという意見でしたね。


SONの長期運用に対する考え方としては基本的には賛成なんです。
SONは日経平均連動型を中心に中国、インド、アメリカ等の外国株インデックスファンドをドルコスト平均法でコツコツ購入しています。


自分のやってることが案外良かったんだなと本を読んでいて思いました。


ただし、気に入らない内容もありましたね。
短期トレードは最初から完全否定でしたが、これは個人の性格や勉強度合いなど向き不向きというものがあります。
市場の動向を見るという意味ではマイナスはないでしょう。


それに「大人の投資入門」では
2000年から2007年までの8年間をTOPIXに毎年12万円投資できるとして

Aさん:12万円を1年間の最安月で買って最高月で売って毎年利益確定させ預貯金にする運用方針。8年連続勝利できる勉強家

Bさん:勝負運の強いタイプで一回の大勝負に勝ってあとは小さい勝ち負けでトントンといった運用。

Cさん:ドルコスト平均法


この3人で勝負した結果ドルコスト平均法のCさんが勝ってしまいました。
SONはこの結果を見た時にちょっとイラっとして読むのをやめようかと思いましたが・・・

投資を知らない人が読んだらドルコスト平均法こそがまるで最高の投資方法であるかのように思い込んでしまいますよね。


この運用は2007年10月までの結果でした。
2007年10月といえば日経平均の直近のピークです。
このあとサブプライム問題が大きく世界経済にダメージを与え続けて株価が大暴落しました。


さっきの3人の勝負2008年の秋までだったら誰が勝ったのでしょうか?
AさんとBさんはどっちが勝ったかはわかりませんがドルコスト平均法のCさんは大打撃だったはずです。


ドルコスト平均法で買い付け価格は平均化されますがそれを現金化する時に平均された買い付け価格よりも相場が高値になっていなければ損失になるということです。


Cさんが勝った理由は相場のピークで売り抜けたからなんですね。


SONはドルコスト平均法は良い方法だと思って自分もやっている訳ですが、ある程度は長期の相場の波を考えておく必要があるのではないかなと思います。

投資って利益確定をするタイミングが難しいですね。

この本のように長期に積み立てた投資信託を相場のピークで売り抜ける素人はなかなかいないでしょうから。


まあ、気に入らない部分はありましたが長期に資産運用するのに低コストのインデックスファンドやETFの積み立て方、資産配分の考え方を丁寧に書いてくれている本なので良い本だとは思います。


あとは売り抜けるタイミングについても書いて欲しいなと思いました。


ではまた!!
ラベル:投資
posted by SON at 03:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 読んだ本の話 | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

明日はビデオ係り

こんばんは


明日は会社をお休みして子どもの発表会に行ってきます。
会社の仕事が少ない分、お休みがとりやすくって・・・


いいのか悪いのか分かりませんが、残業カットの指令が上から出ている時期ですからうまいことやっていこうと思います。


ということで発表会に行くわけですが、お父さんの仕事はカメラ撮影ブロック(端っこの方)でビデオ撮影係りです。
お母さんは前の方でデジカメ係りです。


このビデオ撮影は準備と撮ってる時は面倒なんですが後で見るときにいいんですよね。


日々一緒に暮らしている子どもの成長は分かり難いものですが、ビデオカメラで取ってるのを見てると成長度合いがよくわかるんです。
昔のと見比べることができますからね。


これも一つの親バカの形なのかもしれませんが、子どもの成長ほど嬉しいものはありません。


子どもたち、妻、SON自身が安心して成長できるようにするにはどうすればいいか?


まだまだ試行錯誤の海を泳ぎ続けるのでした。


陸はどこにあるかな???




ラベル:発表会
posted by SON at 01:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通の日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

相続税免除の国債って相続税対策の柱になるのでは?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090207-00000015-yom-pol

こんにちは、久しぶりにニュースの話題ですが
今、相続税のかからない無利子国債の発行について政府で検討されているそうです。


一般庶民のSONには関係ない話ではあるのですがFP的な視点から考えてみました


んっ ちょっと待てよ・・・
相続税がかからない無利子の国債ってどんな人が購入するんだろう?


まず、無利子なんで投資としてお金が増えることを考えている人には全くメリットはありませんので購入するはずがないですよね。
ということはやはり相続税がかからないということにメリットがある人だけが購入することになるわけです。


ここで相続税のかかる人ってどんな人かということになるわけですが
そもそも相続税には基礎控除とかで5000万円+1000万×法定相続人の数は免除されています。


法定相続人が3人なら8000万円の基礎控除
それに配偶者は1億6千万円までは相続税がかからないシステムになっているはずです。


それにこれくらいのお金を持っている人ならそれなりの相続税対策はやっていると思います。


そういうことを考えると簡単な相続税対策では対策しきれないほどの財産を持っている人なら相続税免除の国債を購入するメリットがあるのではないかなということになります。


大金持ちから借金して景気対策として利用するのでしょうか?


教科書で習っただけの知識でしかありませんので考え方が間違ってたらペコリです。


発行されるのかどうかわかりませんがこの国債はどんなシステムになるんでしょう。


償還期間とか解約した場合はどうなるとか・・・


発行してから思いっきりインフレとか進んじゃうと利息なしなんで資産は目減りしますよね。


どんなシステムかはっきりしてくると相続税対策の柱になる可能性もあるんでしょうね。
FP教科書の中身も変更されるかも???


ではまた!!
ラベル:相続税 国債
posted by SON at 13:10| Comment(4) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

FP協会AFP登録申請へ

こんにちは


現在午前10時30頃、夜勤中のためこんな時間に記事更新です。
昨年7月にFP2級技能士の試験の合格通知を受け取ってから半年以上


とうとうAFPの登録用紙に記入し、書類をそろえて郵便ポストに投函してきました。


AFPに登録するには入会金、年会費、継続教育を受けるための受講費などさまざまな費用が発生してしまいます。


SONは全くFPとは関連のない技術系の業務に携わっているサラリーマンです。
AFPに登録する意味はあるのか?
登録しなくてもFP的な活動はできるんじゃないか?


と登録するのは費用の無駄のような気持ちが常にありましたので今まで登録するのを伸ばしてきた。


でも、SONは何かきっかけがないとなかなか物事を始めないという、のんびりした性格を持ち合わせていますんできっかけを作ると言う意味でAFP登録をすることにしたんです。


また、お金を使ったからには元を取らないと気がすまないという性格も持ち合わせていましてこっちの性格が勝つことに期待してます。
元を取る為に脳みそが色んなことを考えだしてくれるんでね。


数万円の出費に対して大げさかもしれませんがやると決めた以上は何かやらなければなりません。


今のところ普通にFP業をやっても本業でやってる人と比べてSONを選ぶメリットなんてありません。
たぶん普通に考えれば当たり前の話ですが・・・(今のところはね。)


じゃあ、普通じゃなかったらSONを選んでもらえるメリットがあるかもしれません。


SONの得意なこと今まで経験したことをうまくFP業に関連付けて何かスタートしたいもんです。


何がいいかな?
どんな形がいいかな?


決めないといけないことはまだまだこれからいっぱい出てきそうです。
楽しみですね。


ラベル:AFP
posted by SON at 10:50| Comment(7) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

経験と体力

こんばんは


明日から急遽、夜勤をすることになりました。
数少ない仕事の短納期対応のためなんです。


夜勤のいいところといえば
・給料が増える。
・昼間に用事ができる。
・自由な雰囲気で仕事ができる。


と割りとメリットがあるんで、若い時は夜勤が好きでした。
でも、最近は夜勤がちょっと苦手になってきたんです。


それは・・・頭痛
ここ最近は夜勤をすると夜勤が終了して日勤に戻る時にひどい頭痛になるんです。


こういうことがあると体力とか健康面を考えていかなければいけない時期に入ってきてるなと実感するわけで、
いつまでも若い時と同じ仕事はできないということの証明でもありますね。


経験やスキルが上がることで仕事のレベルは上がるかもしれませんが、体力的には若い時と同じようにはできないということを受け入れる必要があります。


仕事の違いはあっても現場でずっとがんばっている人は同じような思いをしたことがあるんじゃないでしょうか?


年齢にあわせて、自分の仕事も変化させていかないとどこかで無理がでてくると思います。


出世を目指すのも一つの方法だと思いますし、自分のビジネスを見つけるのも一つの方法だと思います。


ただ、何もしなければ現在の仕事と自分の能力とのギャップが徐々に開いていく、
スキルと体力の調和が取れている一番調子がいい時期に次の方向性を考えておくことが大事なのかなと思います。


リストラ対象に名前があがってしまう時に何も打つ手がないということは避けられるように日々努力していきたいもんですね。


さて、今回もたぶん頭痛になると思うんで、バファリンは必需品です。
これが効かなくなったら引退?かな


それまでには自分の生き方を見つけて、どうどうと引退したいと思います。


ではまた!!

ラベル:スキル
posted by SON at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | FP勉強日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。