2009年01月24日

10年先を読む長期投資

こんばんは


今日はすごく寒かったですね。
そんな寒い中ではありましたがFP協会兵庫支部主催のセミナーに参加してきました。


今回は「10年先を読む長期投資」というテーマでさわかみファンドの澤上篤人氏の講演を聞いてきました。


SONは個人的な考えなんですが今年こそが株や為替の大底になる年ではないかと考えています。
そういうことなんで長期投資を仕掛けるにはいいタイミングになると思ってたんですよ。


そんな時にこのセミナーの話があったので絶好のチャンスだと思い参加を決めました。


今日のセミナーでは
・長期投資とはどんな考え方が必要なのか
・今の時期は長期投資のタイミングとしてどうなのか
・今後の長期投資として対象にしている産業

などをテーマに2時間ぶっとうしのセミナーになりました。
なかなか熱いトークをされる方でしたね。


簡単にセミナーの内容を紹介しますと

・現在世界中での大不況のため世界中で資金のばらまきが行われている。この反動は必ず大きなものになるだろう。

・今後10年の成長が見込める銘柄を徹底的に厳選する。

・厳選した銘柄はとことん応援する。目先の上げ下げに一喜一憂しない。

・長期投資を始めてみるいいタイミングが来ている。

・中国やインドなどまだまだ成長途中の国に技術支援できる企業、エネルギー関連の開発に将来性の見込める企業に注目。

箇条書きにするとこんな感じでした。


SONとしては10年先まで生き残る企業を見極める目を持ち合わせていませんのでETFやインデックスファンドをうまく活用していけたらいいなと考えています。


為替の予測は非情に難しいという話もされていましたが、FXをやっているSONとしては毎日為替の動きを見ていますのでタイミングをみて為替差益と株価の上昇の両方で利益を狙っていきたいなという思いもあります。


これはうまくいくかどうかはやってみないとわかりませんからね。
やってみるまでです。
数年後に成功か失敗かはっきりしますが、FXのようにレバレッジを効かせるわけではありませんからじっくりのんびりやっていこうと思います。


SONとしてはもう一波乱あると思っていますので2009年中になるとは思いますがもう少しタイミングを見てから長期用の資金を投下するつもりです。


今日はなかなかいい勉強ができました。
セミナーに誘ってくれたリックルハングさんに感謝!!



ラベル:長期投資
posted by SON at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。